So-net無料ブログ作成
-  |  次の3件 »

煙が出ないカセットガス式焼肉グリルイワタニやきまる

特許申請中という革命的ともいえる斬新な構造的でスモークレスを実現したカセット式焼肉グリル イワタニのやきまる、これならご家庭での焼肉パーティもキレイ・安心。

 やきまるの最大の特長「煙が出ない」理由を知るために取扱説明書をダウンロードして、詳しく調べて見ました。
 その結果、最大のポイントは肉を焼くときに滲みだす脂が炎に触れないようにするため構造にあることがわかりました。
 このやきまる、煙を出さないための工夫が他にもありました。
 つまり煙のもととなる脂をグリル下の水皿に上手に導き、火力調節を全開にしても焼き面を約210~250℃の適温にコントロールする構造がミソでした。

煙の少なさを目で確かめて見ませんか?
 見るは聞くよりの譬え通り、従来型の焼肉グリルやきまるとの違いを対比した製造元イワタニ提供こちらの動画でまずその性能をお確かめください。

家庭で焼肉といえば
 家庭で焼肉といえば定番のジンギスカン鍋。
 わが家にもその昔キャンプ用にと購入したものが邪魔にされながら部屋の隅に眠っていたものです。
 やきまるのような優れた器具がない時代でも、この鍋でただやたらに強火の高温でジューシュー焼くのでなく、火加減を上手に調節したら案外煙も少なく使えたのかも知れません。

 
なぜやきまるは煙が出ない?

グリル2.jpg
 その最大のポイント、焼き肉素材から滲みでる脂をプレート下の水皿に導く構造を写真で解説します。

 左の写真は焼肉グリルとしての主要パーツ、トッププレートを斜めから見たものです。
 全体形状は勾配が緩やかなジンギスカン鍋といえなくもない
ものですが、ミソは頂上から放射状に設けられたミゾと細い短冊状の窓です。
 このミゾに沿って流れる脂を矩形の窓を通して下に設けられた水皿(写真には写っていません)に落とすことによって、炎と脂の接触を防ぐ構造なっているからです。
 なお、このイワタニでは、この独特の構造について特許を申請しているようです。

 そういえばその昔、給料日以前には縁のなかった焼肉、独身寮辺りの焼き肉専門店にあったテーブルに仕込まれたグリル、下に水が張られた皿があったような気もしますから、煙を出さない工夫自体はそう新しいものではないのかも知れません。
 その点、やきまるのようなカセットガスを燃料とするグリルなら、電源コードやガスパイプなど紐付きでないだけに、どこでも自由な場所で使えて便利です。
 しかもこのやきまるは、あの百円ショップでも手に入るカセットボンベ1本の公称連続使用時間が217分と4時間に近い連続使用が可能というのですからこれまた驚きです。
 それというのも、貴重でかつ限られた化石エネルギーをの有効活用をテーマに事業展開を図るイワタニのコンセプトと直結しているのではないでしょうか。

 家庭で焼肉といったら、とかく煙ぼうぼうニオイむんむんで清潔好きの奥さんには嫌われるばかりでしたが、水皿という武器も備えたやきまるなら家庭で焼肉も、もはやタブーでなくなりました。



新発売!
 煙の出ないイワタニのカセット式焼肉グリルやきまる、2016年8月29日発売されています。
 
nice!(1)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:ネットコミュニティ

SRS-WS1ソニー首かけスピーカー徹底分析


 TV紹介で人気が爆発して現在ショップによっては在庫がなくて手に入りにくい状態になっているソニー SONY ウェラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1です。人間工学理論に即したというユニークな形状もさることながら、片耳が不自由なのでイヤフォンやヘッドフォンの弊害が気になるわたしにとっては、いいとこだらけの商品であり、公式サイトの諸元を参考に少々詳しく私的に分析してみました。

 首かけタイプウエアラブルスピーカーSRS-WS1

デザイン
 首かけタイプというか肩掛けタイプというか、理屈はともかく従来のスピーカーのイメージとは全く違っています。鼓膜に直接音圧が加わらなくて済む方式は、大音量による聴力劣化を防ぐとの健康面からの配慮の結果なのかどうかはわかりませんが、片耳しかないユーザーとしてはとっても嬉しく、その意味では十分斬新的で機能性も立派な商品コンセプトといえます。
 また、スピーカー部の質量は約330グラムほどと軽量。基本的にはワイヤレス方式なので、コードが邪魔になるわけでもなく長時間使用しても肩が凝るとかの心配はないと思います。ま、何時間もテレビに釘付けという習慣も持ち合わせていないのでまったく問題にはなりません。肩から前の部分にかけて湾曲していることも評価できそうです。
 ただ、じとつ難を言えば座った姿勢での使用が基本のようです。多少上体を傾けても大丈夫でしょうが寝転んだりという横着な姿勢での使用は無理のようです。

独特の音波伝導方式
 左右のアクティブスピーカー上部には肩から胸方向にスリットが設けてあって、ここから音アネルギーが外部に放射される構造になっています。音はまさしく縦波、そういう意味では左右の耳下空間に立体的な音場が生じそうです。従来の曲面や平面の振動と違って、細長いスリットからの音波にどんな音響効果があるのか楽しみです。
 この辺りの独特な構造が音場に与える効果についてサイトではこんなふうに記述しています(原文のまま引用)。
「左右のスピーカーに備え付けた開口部から音が回り込むように響くスリット構造と、音の方向性を整えるスロープ形状のディフューザーの組み合わせにより音を前後方向に広げつつ立体的に響かせ、包まれるような感覚を実現し臨場感をもたらします。スピーカー下部には調音ダクトを配置、余分な共鳴を抑えることで音の特性が均一になり、よりクリアな音質を実現します。」

フルレンジスピーカー
 直径30mmのフルレンジスピーカーを採用しているとのことなので、音源としての振動部は普通のアーディオと同じ原理です。分割振動を起こしにくい構造とのことなので、端部に工夫があるのでしょうがイヤフォンもような振動版とは比較にならない30mmの大きさですから、これが耳の近くにあるとしたらかなりの性能を発揮するものと期待されます。

低音と連動すjるバイブレーション
 バイブレーションは振動のことですが、心地いいと感じるかは熱問題ですが、新たな試みには違いありません。むしろ、ゲームやライブ映像などを楽しみたいユーザーを意図しているのかも知れません。
 
 商品説明にはこんな風に表現してあります。
 「左右それぞれのスピーカーに低音を増強する振動板(パッシブラジエーター)を搭載したことで、映画のアクションシーンやライブ映像のドラム・ベースの低音部分が振動として再生されます。耳に入る音と振動が一体になるため、コンパクトなサイズながらもまるでその場にいるかのような、迫力のある体験ができます。また、振動の強さは3段階(強・中・弱)で調節可能です。」


耳穴に入れる必要がないとことが秀逸
 3歳のころに罹患したらしいおたふくかぜのおかげで左耳しか聞こえない私には、このコンセプトが最も気になる部分です。
 寝ている間もラジオを聞く習慣があるので、イヤフォンは欠かせない存在ですが聴力もさrふことながら物理的に耳穴に挿入することでときには疼痛を覚えることがあります。
 イヤフォンの他には、その昔はヘッドフォンしかありませんでしたが、最近ではこれらのデバイスが聴力に与える良くない影響が指摘されていますから、わたしのような者だけでなく健康な聴覚を持っているユーザーでも安心して使用できる嬉しいコンセプトです。
 これなら少々大きな音に設定しても困るのは自分だけ、他人に迷惑をかけないのもいいです。

基本的にワイヤレス
 テレビ視聴などワイヤレスに対応していない機器にも有線接続で使用できますが、基本的にはワイヤレスです。
 いまではすっかりスタンダードとなったリモートスピーァーのワイヤレス方式。ディジタル伝送による遅延があっても狭いわが家なら画面と違和感が生じるはずもありませんから、茶の間の環境や雰囲気を邪魔することもなく安心して使えそうです。

お求めはソニーショップからも
ソニーストア
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:ネットコミュニティ

宮迫博之紹介ソニーネックスピーカーSRS-WS1こちらからも購入可能!

 TV紹介で人気が爆発していま手に入りにくい状態になっているソニー SONY ウェラブルネックスピーカー テレビ/映画/ゲーム用スピーカー 音連動バイブレーション機能付き 2017年モデル SRS-WS1ですが、中には約1週間ほどで手許に届く商品もあるようです。 
 詳しくお知りになりたい方は、下の写真をクリックしてくださいね!



 2018年03月07日 07時00分 J-CASTニュース、宮迫博之「これ、もう映画館」で紹介されたソニー「首かけスピーカー」は、ネックピローのように首にかけて使うソニーのウェアラブルスピーカーですが、その人気にはきちんとした理由がありました。

ワイヤレスだからテレビの音声も自分の耳元で自分だけ

 SONY ウェラブルネックスピーカーは首にかけて使うU字型のスピーカーで、ワイヤレスでテレビの音声を再生することができます。
 U字の両端部分に高音質の専用フルレンジスピーカーユニットを搭載。商品公式サイトによりますと、ソニー独自の構造と音声処理によって、まるで音に包まれているような感覚が味わえます。また、低音域では音と連動して本体が振動する機能も搭載していますからいやが上にも臨場感が高まること請け合いです。そのうえご家族へのお気遣いはもう要りません。
映画やライブ会場にいるような臨場感
 スピーカーから耳を包み込むように音が広がり、まるで映画やゲームのシーンに入り込んだかのような臨場感をもたらしてくれます。
 耳元近くで響くことによる音圧が空気の震えを生み出し、ライブ映像では実際に会場にいるかのような音場を再現します。

 その他こんな特徴もあります。詳しくはメーカー公式サイトでお確かめください。
ワイヤレスで手軽に使える
TVとの接続も簡単
スマートフォンとは有線で簡単接続
置くだけで簡単充電
2台まで同時接続可能

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY(ソニー) SRS-WS1【送料無料】首掛け型ウェアラブルスピーカー
価格:26870円(税込、送料無料) (2018/3/7時点)


nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:ネットコミュニティ
-  |  次の3件 »
Copyright © いまどき話題のアイテムあれやこれや All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。